HOME > ファインスチールの特長 > 遮熱・断熱性

遮熱・断熱性

心地よい温度を守るファインスチール屋根。


遮熱鋼板(高日射反射鋼板)

都市部のヒートアイランド対策や省エネルギーの観点から、太陽光中の近赤外線をよく反射する特性(日射反射率)に優れたファインスチールが屋根材などに広く用いられるようになりました。
ファインスチールと断熱材を組み合わせ使用することにより、優れた断熱性や夏場の冷房費削減効果が期待されます。

出典:季刊PR誌2013年秋遮熱(高日射反射)と断熱の作用効果

出典:季刊PR誌2013年秋遮熱鋼板と通常鋼板のサーモビュアーによる表面温度の差
堺市、晴れ、外気温:32°C



高日射反射性ファインスチールと断熱材を併用することにより、優れた断熱性や夏場の冷房費削減効果が期待されます。


出典:季刊PR誌2016年秋 【 高日射反射性ファインスチールの断面構成 】
遮熱特性を向上させるため、塗膜に高日射反射性を付与し、太陽光に含まれる目に見えない熱線(赤外線)を40%以上反射させ、鋼板温度の上昇、鋼板からの伝熱を抑制します。


出典:季刊PR誌2016年秋 【 断熱材や空気層を設けた屋根 】
断熱材を使用したり空気層を設けることで、室内温度の上昇を制御します。






[ 関連情報 ]
 
季刊PR誌

NEW 2018年4月発刊

ファインスチール季刊PR誌
2018年春号

特集1
第16回 金属サイディング
施工例写真コンテスト
特集2
「全国ファインスチール流通協議会」展示会出展報告
宮城・仙台 住宅リフォームフェア2018

WEBマガジン

建築設計例 PICK UP マガジン

アンケート



ファインスチール WEBサイト内 検索